Affair =アフェア=

主に創作小説を投稿していく予定です。

番外っ! とある探偵団の暇潰し

今回は探偵団編でっす!




字音「こんちわー!」
セナ「あ”−−−−!!退屈だよっ!!」
字音「最近、事件が少ないから暇何だろうな・・・;」
セナ「そーいやさー」
字音「ん?」
セナ「字音って何で制服でスカート履かないのー?」
字音「はぁ?何でそんな事・・・」
セナ「だってさ、私服もいつもズボンばっかだしさー。」
字音(嫌な予感するな;ここは本部に戻らなければ・・・;)
字音「話の途中悪いが、用を思い出したからこれd」(ガシッ
セナ「そうはさせないよー?^言^」
字音「な、何だよその殺気は・・・・;」
セナ「これから字音をスカート克服作戦するんだよー?本当は暇なんだよねー?」
字音「いや、だから俺は・・・」


グキィ



字音「いだぁっ!!」
セナ「さあ、どうする?セナの暇付き合う?それともこのまま肩を壊しちゃってもいい?^言^」
字音(やめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇry)









数時間後・・・。


マスカ「たっだいまー!」
流水「すみません、遅くなってしまい・・・」
セナ「あ、おかえりー!」
字音(ちくしょおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉry)
レマ「えーっと、この状況は一体・・・?」
字音「ちっ、ちげぇよ!!違うぞ!?本当に違うからな!!!!だから※△■○※☆Я!!!」
セナ「つまり、______こういうことなんだ!」
流水「な、成る程・・・;」
レマ「字音がスカートを嫌がっているから克服しようと・・・」
字音「こんなの嫌だからっ!!ってか、俺はこういうの履いてると余計歩きずらいっての!!」
マスカ「そっかなー?」
字音「ジロジロ見んなっつーの!!!」


ドオォォン(電撃を放つ


マスカ「うわっ!」
字音「ったく・・・もう俺、嫌だから着替えてくるわ・・・;」
セナ「(´・ω・`)」
字音「暇、無くなったからもういいだろっ!!」











強制終了。



短くてサーセン
字音は普段はスカート履かない派です。
その訳は歩きにくい&目立ってしまうと思い込んでいるからです。
正直俺もスカート履かない派ですよ!?
制服は仕方ないけどn((





次回は輝刃の騎士団編!