Affair =アフェア=

主に創作小説を投稿していく予定です。

10話 とある魔術と科学の人間原型

字音「まさか今回の事件お前が………!?」
チアキ「……そうかもな。」
字音「どうするつもりなんだ!」
チアキ「今のお前には口が開かん……。」
飛鳥「一つ聞いていいか?」
チアキ「あぁ。」
飛鳥「あんたは何故、能力にレベルを知ってるんや?」
流星「記憶操作(マインドハウンド)を使用か。」
飛鳥「……せやな。」
字音「ボケたつもりか?」
飛鳥「ちょいととぼけけただけや!」
流星「……バカバカしい。」
チアキ「もう、話はそこまでとするか……。」


3人「……!!」


ドオォォォォン


飛鳥「くっ……。」
字音(こっちから仕掛けて来たってことは……)
チアキ「さっさと終わらすか。」


ドコオォォォォン

飛鳥「がはっ……!!」
流星「ちっ……。」
字音「……っ!」
チアキ「どうした?まだ殺らないと気が済まないのか?」
字音「………。」
チアキ「お前、俺が何者か知ってるか?」
字音「未来人じゃないか?」
チアキ「そうだ。だが、この世界の俺は別人だ。何故だか分かるか?」
字音「知らねぇよ……そんなもんは………。」
チアキ「ここに来て記憶を失ったからだ。」
字音「何……だと……!?」
チアキ「どういう事かは新月の夜にな……。」

バサッ

飛鳥「どうするん?」
字音「……これは俺の問題だ。新月の日には俺一人で行くつもりだ。」
飛鳥「……分ったわ。」







翌日




友喜「あれ?まさかあの人は………!」
???「おう、久しぶりだな^^」
友喜「零・守護地点(プロテイント・ゼロ)の椎名 誠(しいな まこと)さん!?」







11へ続く………。
椎名 誠(しいな まこと)については次回プロフに出します!