Affair =アフェア=

主に創作小説を投稿していく予定です。

5話 とある魔術と科学の人間原型&お知らせ

佐天「やっぱりやめて!!」
友喜「佐天!来たら・・・」


ギュオーーーン・・・・(風が止む


良恋「はぁはぁ・・・。」
字音「・・・友喜、とりあえず;」
友喜「・・・そうだな;」


カチャ(良恋の腕に手錠をかける



友喜「すまねぇ、取り乱してしまって。」
佐天「良恋が大丈夫ならそれでいいよ。」
黒子「あなた方、お疲れ様ですわ・・・。」
佐天「白井さん!美坂さん!大丈夫ですか!?」
美坂「私は平気だから黒子を・・・」
黒子「いいえ!ここはお姉さまを優先した方が・・・。」
字音「だったら両方見ればいいだろ?」
佐天「ですよねー;」
友喜「警備員(アンチスキル)、もうすぐここに着くぞ。」
字音「あ、炉黒!」
炉黒「・・・ん。」
字音「さっきはあんがとな^^」
炉黒「大丈夫ー・・・そろ02戻る。」
セナ「結局、セナの出番無しかー。」
字音「せ・・・セナ!?何でここに・・・・。」
セナ「え、誰なの?」
字音「は?」
セナ「え?」
友喜「字音、セナとは知り合いなのか?」
字音「えっと・・・;」
炉黒「別世界から来たから多分ここの世界とは違う感じかもしれない・・・。」
字音「・・・そっか、ってことはセナが居るってことはレマも居るって訳か・・・。」
友喜「へぇ・・・お前、大体知ってる人は居るんだなっ^^」
字音「多分、他の人も知ってるハズだけどな。」
セナ「よく分かんないけど、すごーいっ!」
字音「さすがのボケは変わんないなー;」









別の場所にて



飛鳥「さぁて、そろ02本部に・・・」
???「あのね02?ってレマレマはスカートの丈を引っ張って言ってみたりする。」
飛鳥「ん?どないしたんや?」










6へ続く・・・・。



※お知らせ


ここんところ更新が亀さんペースになってます。
すみませんでした。orz
後、1階のPCが壊れたので小説や企画などの更新が遅れます。
2階のPC使えるけど、たまに使う時ありますけどね。
あ、ラミチ学園のクリスマス小説予定してます。
その更新終わったら4月上旬まで休みます。
あ、クリスマスカードや年賀状の企画とかするうご友の人はぜひ勝手に出しても構いません。
キャラは何でもおkですおー。
でわっ☆(キラッ←←