Affair =アフェア=

主に創作小説を投稿していく予定です。

4話 とある魔術と科学の人間原型

友喜「お前ら!?」
??「炉黒の言ったとおり本当に友喜と佐天が来たー。」
炉黒「・・・レベルアッパーの使用者が現れたんだって?」
友喜「あぁ、佐天の友達・・・」
佐天「如月 良恋って子見なかった?」
??「見てないよー今から探すとこー!」
友喜「んじゃ、一緒に行きますか!」
??「おー!」












美琴「はあぁぁぁ!!!!」



ドオォォーーーーーーン



良恋「中々やるわね・・・。」
美琴「そっちもやるじゃないの・・・。」
良恋「じゃあ、そろそろ本気を・・・!!」
美琴「そうはさせない!!」




ドオォォーーーーーーーーン





字音「大丈夫かな・・・?」
黒子「大丈夫ですわ・・・。」
字音「お前は大丈夫じゃないだろっ!?」
黒子「それよりも、お姉様は学園都市のレベル5の第3位。そう簡単に倒れることはありませんわ。」
字音「それはそうだな………。」
美琴「2人共危ないっ!」
字音「なっ!?美琴っ!!」



ドオォォーーーーーン



字音「美琴!黒子!」
美琴「間に合ってよかった……。」
黒子「お姉様!怪我が………くっ!!」
字音「……2人共、ここからは俺に任せて。」
黒子「わかってますの!?未経験の貴方じゃ、敵いませんわよ!?」
字音「そんなの、やって見なきゃわかんねぇだろ?」
黒子「………。」
字音「こうみえても戦いは慣れてんだよなー。だから、美琴を頼む。」
黒子「……分かりましたわ。」



字音「相手が強敵だろうが、俺は負けねぇ!!」
良恋「今度はあんた?今のあたしには勝てないわよ?」
字音「勝敗なんか関係ねぇ。お前は間違ってるんだ。」
佐天「良恋、そうだよ!」
良恋「佐天さん!?」
友喜「間に合ったなー。」
字音「行くぞ。」
バリバリッ(地雷を仕掛ける。



友喜「だったら俺もやりますか!」(ブーメランを構える。



炉黒(……相手の攻撃は左側から来る。)
字音(了解!)
字音「はあっ!」
良恋「ぐっ……!」
佐天「良恋!」
友喜「大丈夫だ。気絶させるだけだ。」
良恋「気絶させる訳にはいかないっ!」
炉黒(左側と見せかけて右側に攻撃仕掛けて来る。)
友喜(サンキュー!)
友喜「はあっ!」



ギュオォーーーーーン(風を起こす。





6へ続く………。