Affair =アフェア=

主に創作小説を投稿していく予定です。

3話 とある魔術と科学の人間原型

美琴「こんにちわー!」
固法「あら、美坂さん。」
黒子「お姉さまぁぁぁぁぁ!!!!」



ボカッ



美琴「ったく!」
黒子「もう!冗談のつもりですのにぃ〜。」
諾堵「只今、戻りましたー。」
固法「で、ジャッジメントになってくれそうな人見つかった?」
諾堵「はい、今はパラディアスに行っています。」
黒子「何でそこなんかに行く必要があるんですの?」
諾堵「別世界から来たって言ってたので一応システムスチャンをしてからここに来るとのことで。」
美琴「へぇ・・・その人の名前は?」









友喜「さて、着いたぞ!」
字音「ちょっと待て!俺は能力者じゃないのに何で受ける必要あるんだ?」
友喜「だってお前能力者じゃん。」
字音「だから・・っ!」
???「何してるんですか?」
友喜「おっ!炉黒じゃねぇか!」
字音「もしかして意見解析(スキルポリグラフ)を持つ能力者・・・?」
炉黒「自分は白音 炉黒・・・・君、千晶 字音さんだね。」
字音「うわぁ・・・すげぇ・・・・;」
炉黒「友喜が言ってた。」
友喜「さすがだな!」
字音「何だか・・;」
炉黒「・・・で今日は字音さんの能力について教えてほしいと。」
字音「分かってると思うけど、俺は能力者じゃねぇんだ!」
友喜「でもさ、そんな気配はするんだよー。」
炉黒「多分、ここに来てすぐに能力を身につけたんじゃないかな・・・。」
字音「そういうことか・・・・。」
炉黒「じゃあ君の能力、読み取らせてもらうよ・・・。」(字音の手を握る
字音「・・・・。」
友喜「炉黒、分かったか?」
炉黒「・・・精神感応(テレパス)・・・・。」
友喜「念話能力か。それだけk」炉黒「・・・と発電能力(エレクトロマスター)レベル2。」
友喜「って、まだあったんかい!」
字音「二つ能力を持つって基本的なのか?」
友喜「いや、ちょいっと珍しいな。因みに炉黒も二つの能力を持ってんだぜ!」
字音「そうなのか。」
友喜「パラディアスメンバー大体の人能力二つ持ちだからなー。」
炉黒「・・・中見る?」
友喜「あ!すまん今日は仕事だから時間あったら来るな。」
炉黒「分かった。」
字音「じゃあ、ありがとな炉黒!」



炉黒「・・・・レベル2なのに不思議な能力感じた・・・。」





ジャッジメント本部



初春「あなたが字音さんですか?」
字音「はい、千晶 字音。精神感応(テレパス)と発電能力(エレクトロマスター)のレベル2です。」
友喜「改めてここ、ジャッジメントのメンバー紹介すんな!こちらは・・・」


紹介中・・・・。←←





字音「皆、宜しく!」
固法「ん?これは・・・・。」
佐天「どうかしたんですか?」
固法「また、レベルアッパー事件らしいわね・・・。」
美琴「えっ!もう解決したはずじゃ・・・」
固法「その筈が・・・よ」
佐天「これは!!」
諾堵「知り合いですか?」
佐天「うん・・・如月 良恋って言ってね、レベル2の能力者なんだ・・・それで・・・・」
友喜「じゃ、その如月って人探しに行くぞ!」(ダッ
字音「おいっ!」
黒子「全く・・・これだからお子様は・・・・;」











4へ続く・・・。