Affair =アフェア=

主に創作小説を投稿していく予定です。

オリ様に質問っ!番外編その1  

字音「なんか来てしまった番外編だよー!」
チアキ「今回は俺ら字音オリが質問を答えるぞ。」
マスカ「どーゆーこと?」
字音「まあ実際にやって見ようではないか。んじゃ、チアキの質問どーぞ!」
チアキ「お前・・・・じゃ、字音に質問でミス●の好きなドーナツを教えてください。」
マスカ「あぁ!そうゆうことか!!」
字音「俺はチョ●ファ●ションだな!後、ポン●・リ●グとか。」
日向「あれ、おいしいよねー^^」
字音「だなー^^」
マスカ「はいはーい!あたしからの質問いくよー!」
チアキ「御自由に。」
マスカ「日向に質問!ラインタウンには誰が住んでいますか?」
日向「まあ、基本的には私と昼夜、キルト、ケイト、底也、青夏、モナ、仁、ゼノン、リアルトが住んでいるよー!」
字音「あ、忘れてはならぬオリがこんなにww」
チアキ「ちゃんとやっとけよ。」
マスカ「あたしはヒナとたまにラインタウン行くときあるよー!」
ヒナ「マスカの付き合いはもう嫌です・・・。」
チアキ「だろうな・・・。」
シーク「んじゃ、俺の質問行くぜ!キルトに質問だぞ!」
キルト「はい。」
シーク「何故、今は青ぷよ帽じゃないのか教えてくださいっと。」
日向「そういや今はバンダナだよねー。」
キルト「そうですね。青ぷよ帽はまだ持っているんですけど、青ぷよ帽の力があまりコントロールできない事をチアキsに相談したら青ぷよ帽の力が強すぎると言ってたので僕の力に合うバンダナを授けてくれたんです。」
字音「なるねー。」
シーク「ってか、どーやって作ったんだ!?」
チアキ「秘密だ。」
マスカ「だったら、あたしにも教えてよー!」
チアキ「秘密厳禁だ。」
日向「だろうねー。」
ヒナ「あ、質問したい事があったら気軽にコメでどうぞ。」
字音「んじゃここらで打ち切りっ!!」