Affair =アフェア=

主に創作小説を投稿していく予定です。

画竜点睛 13話「特殊な力」

字音「………。」
『大丈夫か?』
字音「平気だ。」
『無茶すんなよ?』
字音「わかってら。」
『………。』
字音「………。」
『………。』
字音「あのさ。」
『何だ?』
字音「俺が完全に治ったら、封印を解いてやる。」
『いい……のか?』
字音「ああ、ずっと封印してしまって悪かった。」
『気にすんな。』
智香「字音!」
字音「どうしたん?」
智香「チアキが字音に話があるって。」
字音「わかった。今行く。」




チアキにて


チアキ「………。」
字音「お待たせ。話って何だ?」
チアキ「ウ”ァイスついてだ。裏もしっかり聞いておけ。」
字音「何故、俺の人格まで……。」
チアキ「最初会った時、とっくに知ってた。」
字音「あ、そ……;」
『わかった、話を聞こうではないか。』
チアキ「では、ウ”ァイスについて説明する。ウ”ァイスはただ、PCに繋げてゲートを開く力を持っているだけではなく、もう一つ特殊な力が秘めている。」
字音「それは何だ?」
チアキ「『マインドチェンジ』っていう特殊な力だ。」
『マインドチェンジとは一体?』
チアキ「マインドチェンジは心が一つになりだした時、マスターとオリキャラが力を合わせる特殊な力だ。」
字音「つまり、パワーアップみたいなもんか?」
チアキ「あぁ、そうだ。」
『なるほど、俺が話を聞いてほしかった訳はマインドチェンジっていうのを知ってもらうため……か。』
チアキ「もしものために裏も話した方がいいと思ってな。」
字音(マインドチェンジ……一体どんな力なんだ?)




梨瑠夏達にて


梨瑠夏「あそこがピアネルタウンか?」
レマ「そうだよ!」
紫南(なんとなく、無事でいるような気がする……。)





14へ続く………。