Affair =アフェア=

主に創作小説を投稿していく予定です。

画竜点睛  12話「支配者」

字音達にて




字音「あそこか……。」
マスカ「先輩達が何とかしているんだ……。」
愛奈「早く急ごう!」
チアキ「…………。」
ルオン「チアキ、どうかしたか?」
チアキ「いや、何も……。」
チアキ(嫌な気配だな……危険な予感がする……。)




15分後、フラワーズシティにて




全員「!!!」
マスカ「そんな……フラワーズシティが……。」
???「ほぉ……来たか………。」
字音「もしや、お前………!」
チアキ「支配者………だな?」
支配者「ご名答……でも、遅かったね。この街全て私が壊したのだよ………。」
華澄「う”っ……。」
マスカ「華澄先輩!華先輩!」
華「大丈夫。止められなくてごめんなさい……。」
ルオン「気にするな。遅れた俺達が悪かった。」
華澄「後は……マスターを……。」


ガクッ(気を失う


マスカ「先輩っ!!」
字音「………さ…ねぇ……。」
支配者「ん?」
字音「ゆる……さねぇ……!!人を傷つけたり、街を壊したり、世界中に闇を変えようなんて……お前は何故そうしたいんだっ!!」
支配者「ほぉ……。」
字音「そんなこと………俺が許さねぇっ!!!」
支配者「………。」
字音「はあぁぁーーーーー!!!!!」
支配者「やろうと言うのですか……しかし、お前はこれで十分……。」


スッ(魔導の力を溜める


チアキ「!!!」
愛音「まさかっ!?」
マナ「字音!よけてっ!!」
支配者「今更言っても遅いよ……クルーエル!!」
字音「!!」



ドオォーーーーーーーン


字音「ぐあっ…………。」


バタンッ


マスカ「字音っ!」
支配者「はぁ……人間とは愚か者だ……何がやろうとこの私に勝てると思っているのか?」
字音「なん……だと………!」
支配者「フッ……今日はこのくらいにしておこう……では、また会う日まで……。」


スッーーーーーー



字音「待てっ!っうぅ………。」
智香「大丈夫!?」
字音「すまない……。」
チアキ「リザレクティア!」


パアァァーーーーー


字音「!!傷が……。」
チアキ「他の人の手当てをしてくる。誰か字音を頼む。」
マナ「おk!」
愛音「だったら、私も手当て手伝うよ。」
テオ「私も手伝います。」
チアキ「ありがとう。」




13話へ続く………。