Affair =アフェア=

主に創作小説を投稿していく予定です。

画竜点睛  10話「覚悟」

チアキ達にて



愛奈「ふわぁー……。」
愛音「眠い?」
愛奈「うん……色々と疲れたー。」
亜音「そうだよねー………って、洸歌はもう寝てるしっ!?」
洸歌「Zzz………。」
智香「あれ?先輩達じゃないすかー?」
亜音「智香。その2人は?」
チアキ「ヒナとシーク。」
梨瑠夏「風呂上がってたんだ。」
チアキ「まあな。」
ヒナ「ところで、チアキさん達はこんなところで何しているのですか?」
チアキ「それは………(説明以下略←)……と言う訳だ。」
ヒナ「それで今はここに泊まっている訳ですね。」
シーク「あり?マスカは?」
チアキ「マスカなら今……」
マスカ「あっ!居たーーーっ!」
愛音「帰って来た。」
愛奈「帰って来なきゃいいのに……。(小声)」
ゴッ(愛音が愛奈の頭を殴る



愛奈「ったぁー……。」
愛音「酷い口出しするな。」
愛奈「冗談だって!」
ヒナ「その方はもしかして………」
字音「あぁ、レマセナのマスター紫南だ。」
紫南「ところでマナ達は?」
梨瑠夏「もう寝てる。」
マスカ「他の人は?」
チアキ「寝てる。」
セナ「早くご飯ー。」
愛音「わかった。今持って来るから。」




そんで何やかんやで翌日←



字音『………。』
『なあ?』
字音『何だ?』
『もう、出してもいいだろう?悪さは何も無いから。』
字音『……そうかもしれない………でも……。』
『まだ時間が欲しいのか?』
字音『……あぁ。』
『俺はお前を見て決めたんだ。あの日、お前が家を嫌がって脱走した後は正直、脱走したことを後悔していると思った。でも、お前は嫌がってたのだからそれでいいと思っていた。』
字音『何が言いたい?』
『……俺は誓う。俺はお前を必ず助けてやる!……って。』
字音『……ありがとう。でも、お前のことをもう少し考えてみる。それから封印を解く。』
『わかった……俺は待っているぞ………。』



字音「………!!」
字音「夢……か。」
『俺は待っているぞ………。』
字音「……あぁ。答えを見つけたら……な。」






11へ続く………。