Affair =アフェア=

主に創作小説を投稿していく予定です。

希望の先には道はあるのか

俺にはわからない。
自分には遥かな希望の先には道はあるのかを………。



俺は支えていきたい。
皆と一緒に…………




でも、俺は皆を支えてはいけない気がした。
何故なら俺は一人ぼっちだからだ。
心の底の闇から一人ぼっちになっていた。
俺は自分一人でもいいと思っていた。だって、一人の方が悲しむことなく、つらい思いもしなくてすむから。




でも、友達が心配するだろう。
友達が悲しむだろう。
友達がつらい思いになってしまうだろう。
と色々思った。




俺は『人の悲しむ顔は見たくはない!』『つらい顔も見たくはない!』と思っていた。
でも、俺は少し違った。




俺にとって………友達は…………居ない。
心から尊敬される友達がいない。





誰一人も……俺を信じてもらえる人は………居ない。






今は遠いけど、大切な友達はいる。
その人は明るくて優しい人で………
俺にとって、一番尊敬できる友達だ。





では何故、俺は友達はいるのに、居ないと決めつけるのか。
遠い友達と学校の友達とは全く違っているからだ。





学校の友達に大しては誰一人尊敬できる人は全く居ない……。
遠い友達とは直接は会えないけど、俺を支えてくれる誰一人尊敬できる人だ。


俺には遥かな希望の先には道があるのだろうか?
心の底の闇から色々と悩んでしまい、一人迷い込んでしまった。

俺は一人ぼっち………だ。






これは自分にとっての心から思っていることです。
最近は一人ぼっちであまり寂しくはありませんが、抱え込んでしまうことが多くなった気がしました。


H/K
お知らせします。夏休み中ブログには来れないと思います。
ちなみに受験勉強会が多くあるからです。
たまに顔出しはするかもしれません。

紫南へ>
俺はどっちもおkかな。
開いている日があったら、チャットかブログに書き込みするね!