Affair =アフェア=

主に創作小説を投稿していく予定です。

イナイレ番外編  「風丸と千晃の入れ替わり」

円堂「皆、おはよう!!」
立向居「あ、円堂さん!」
円堂「立向居、早速練習か?」
立向居「はい!円堂さんに負けないように頑張ります!!」
円堂「お、言ったな!何ならオレも負けてられないぜ!」



千晃「やべぇー!!急がないと遅刻だ!!」
風丸「ん?」
千晃「うわっ!」

ドーーン(千晃が風丸にぶつかってしまう


千晃「いってぇ・・・・。」
風丸「ご、ごめん風丸・・・・。」
千晃「なっ!オレが2人!?どうなってるんだ!?」
風丸「え?」
千晃(風丸)「まさか、オレら入れ替わったのか!?」
風丸(千晃)「嘘だろ・・・・?」
豪炎寺「2人ともどうかしたのか?」
風丸・千晃「豪炎寺・・・。」
豪炎寺「急がないと遅刻だぞ?」
千晃(風丸)「豪炎寺!オレ風丸だ!入れ替わってしまったんだ!!」
豪炎寺「何寝ぼけたことを言ってるんだ?」
千晃(風丸)「寝ぼけたことじゃない!本当なんだ!!」
豪炎寺「おまえな・・・・。」
千晃(風丸)「だからっ!!」
風丸(千晃)「やべぇ!もうこんな時間!!2人とも行くぞ!!」
豪炎寺「ああ。」
千晃(風丸)「ちょ・・・待てよ!!」




〜グラウンド〜
千晃(風丸)「なあ、千晃。」
風丸(千晃)「どうした?」
千晃(風丸)「このまま戻れなくなったらどうするんだよ!」
風丸(千晃)「そりゃ、その時はそのとk・・・・」
千晃(風丸)「のんきに言ってる場合か!?」


円堂「何だ?あの2人。」
豪炎寺「さあ、千晃が風丸に入れ替わったとか言ってたが・・・・。」
鬼道「必殺技で確かめたらどうなんだ?」
円堂「なるほど!その手があったな!」
豪炎寺「千晃、ジオンブラストは出来るのか?」
千晃(風丸)「そんなの出来る訳がないだろ?」
風丸(千晃)「んじゃ、オレがやってみるか?」
風丸(千晃)「ジオンブラスト!」
 
バーーーーーン

鬼道「今のは回転シュートそのものだったが。」
風丸(千晃)「何故だ・・・・。」
千晃(風丸)「仕方ない・・・オレがやってみるか。」
千晃(風丸)「ジオンブラスト!」

ギュィーーーーン

豪炎寺「やっぱり、変わりは無いな。」
円堂「そうだな・・・・。」
風丸(千晃)「うっ・・・・。(入れ替わりでこんな結果って・・・・。)」
???「・・・・・。」
円堂「!」
鬼道「どうした?円堂。」
円堂「いや、何でも・・・。」


一応こうゆうのをしてみたかった((
???の人物は次回明らかになる!(殴