Affair =アフェア=

主に創作小説を投稿していく予定です。

イナイレ編・7 「日本代表!」

円堂の母「守ー!今日はいつもより早く行くんじゃなかったの?」

バッ
円堂「そうだった!!」


着替え中・・・。

円堂「行ってきまーす!」
タッ
円堂の母「気をつけるのよー」
円堂「おう!」


〜雷門中体育館〜
立向居「円堂さん!」
円堂「立向居!吹雪にヒロトも!!」
ヒロト「3ヶ月ぶりだね円堂くん。」
円堂「ああ!」
千晃「よっ、円堂!」
円堂「千晃に流水に雪夜も!!」
流水「皆、監督に呼ばれて来たのかな?」
鬼道「そうらしいな。」
豪炎寺「ところで円堂、そいつは?」
円堂「ああ、紹介するぜ。宇都宮 虎丸と漸次 快人だ!」
虎丸「初めまして!虎丸と呼んでください!!」
快人「漸次と申す。皆様、よろしくお願いします。」
鬼道「2人のポジションは?」
虎丸「キーパー意外なら何でもおkです!」
快人「私はミッドフィルダー、ディフィンダー、キーパーなら良いが。」
鬼道「わかった。」



短けぇ・・・・。orz
この話は詳しくは68話で!(殴
その後の話をかきます!