Affair =アフェア=

主に創作小説を投稿していく予定です。

部活編・5話『声優部』

ピピピピッ
チアキ「ん?マスカからだ、もしもし?」
マスカ「お兄ちゃん・・・・助けて・・・。」
チアキ「どうしたんだ!?」
マスカ「さっき、華先輩とセナと3人でアリン先輩を探していたら、何者かが頭に打たれて・・・それから今は暗い部屋に閉じ込められたの。」
チアキ「それでその何者って誰なんだ?」
マスカ「ごめん・・・息が・・・・苦しい・・・・。」
プッ―――
チアキ「切れたか・・・・・。」
レマ「セナがどうしたの?!」
チアキ「それが・・・・。」

〜3分後・・・・。〜
レマ「嘘!?そんなことが・・・・。」
シーク「・・・・まず3人を助ける方が先だ!!」
愛奈「そうだね・・・・。」
愛音「きっと、まだ間に合うよ!」
コアム「ボクも探しにいきます!」
チアキ「よし、そうと決まったら早速行こう!」
皆「うん!」

〜その頃のキルトとテオは・・・・〜


キルト「いましたか?」
テオ「だめです、どこにもいません・・・・。」
雨花「あら、2人ともどうかしたの?」
テオ「実は―――――――という訳なんです。」
雨花「なるほど・・・・いいわ、私も手伝ってあげる。」
キルト「ありがとうです!」

〜一方・・・・〜


マスカ「ハァ・・・ハァ・・・もう、駄目なのかな・・・・・。」
セナ「と・・・とにかく皆が来ることを・・・・ゴホッゴホッ!」
マスカ「だ・・・大丈夫・・・・?」
セナ「このくらい平・・・気だよ・・・・。」
華「サンフラワー!」
マスカ「先輩・・・あたし手伝います・・・・・。」
華「いや、このくらい1人で・・・う゛ぅ・・・・・。」
マスカ「(力を使い続けたことで弱くなってきている・・・・。よし、先輩のためにも!)」
セナ「ルブルム!」
マスカ「!?」
セナ「1人より2人!でしょ?」
マスカ「・・・・そうだね!よぉし!最後までここから脱出しょう!」




・・・・ハイ!今回は少し長めにしてみました!


あと愛奈、愛音、コアムの出番が少なくなってしまった・・・・。
ごめん亜音!次から絶対多くするから!




6話へ続く(?)